What's IDA?

国際開発サークルIDAcademy (International Development Academy)は2008年のモンディアロゴ・エンジニアリングアワードという世界各国の大学883チームが集まった大学生エンジニアの為の国際コンテストで金賞を受賞したことを機に東京工業大学の公認サークルになりました。 過去にはネパール、ケニア、ベトナム、フィリピン、福島、東工大周辺でプロジェクトを実施してきました。 学年、専門分野、国籍を超えた人たちで議論し、協働していることがIDAの魅力です。 これまでのプロジェクトの進め方や資金獲得のノウハウを共有しながら、質の高い成果を目指しています。 今後は規模を拡大しMIT D-lab, Stanford d.schoolと肩を並べられるように、プロジェクト単位で技術を通じてさまざまな地域に貢献できるように頑張っていきます。

理念・IDAが果たす役割

技術を通して、社会に貢献することをIDAの理念としています。

  • グローバル社会(地域社会・国際社会)の課題を解決するための工学・人文の知識、技能(ものつくり)、リーダーシップ、チームワークを養成する。
  • 現場主義のプロジェクトを通じて、適正技術を生み出す。
  • 分野や学年や肩書きなどの境界を超えたネットワークをつくる。
  • 東工大の粋を超えたグローバル社会の最前線で活躍し、牽引する。

私たちはこの4点をIDAの果たす役割だと考え日々頑張っています!

Introduction of Tokyo Tech International Academy

役員

  • 顧問 阿部直也 准教授 (国際開発工学専攻)
  • 代表 古橋知樹 (工学部 化学工学科 応用化学コース 学部4年)
  • 副代表 木村亮仁 (工学院 システム制御系 学部2年)
  • 会計 樋渡功太 (理学部 物理学科 学部3年)
  • 広報